カンタンまとめ♪子供乗せ電動アシスト自転車の基本

カンタンまとめ♪電動アシスト自転車の基本

電動アシスト自転車とは!

 こちらのページでは、電動アシスト自転車とはいったいどんな自転車なのか、わかりやすくご紹介しております(^^)


 

そもそも電動アシスト自転車ってどうゆうもの?

ママがペダルをこぐと自転車が走行の状況(搭乗者や荷物の重さ、道の傾斜など)を感知して、状況に応じたパワーでアシストしてくれます。

電動でアシストしてくれますがあくまで自転車。もちろん運転免許は必要ありません(笑)

私自身の体感としては、まさに後ろから誰かが押してくれているような感覚
「アシスト」の範囲内なので、スピードが出過ぎることもありません。
力一杯こいでも一定以上のスピードになるとアシストは停止する仕組みなので安心です。

充電にかかる電気代は高くない?

バッテリーの容量によって違いますが、1回の充電でだいたい10円程度
電動アシスト自転車の便利さを考えるとお安いのではないでしょうか?
家庭用コンセントで簡単に充電できます。

バッテリーに種類はあるの?

ブリジストン、ヤマハ、パナソニックの大手3メーカーは全てリチウムイオンバッテリーを採用しています。容量が大きく、長持ちする高性能のバッテリーです。

充電方法や着脱も簡単で安全なのでメカ(笑)の苦手なママにも安心です。

満充電でどのくらい走れるの?

これはバッテリーの容量や車種によって変わってきます。
一応、各メーカーが定めた走行基準で走行距離の目安は出していますが、それもあくまで目安。 走行条件次第なので実際に走行してみないとわかりません・・・。

走行距離に影響する条件をまとめてみました。

*搭乗者や荷物の重さ。
*坂道。
*向かい風。
*でこぼこ道。
*寒いとき。5℃以下になるとバッテリーの性能が弱まります。
*タイヤの空気が減っている。
*発車・停車の回数が多い。
*ギアの設定が重い。

上記のような場合はメーカー提示の走行距離よりも短くなると考えましょう。

人がきつく感じる条件はやはりバッテリーにもきついようです(笑)
それに車の燃費と似たような条件が多いですね!

バッテリーの寿命の目安は?

充電回数700〜900回程度が目安。

週1で充電した場合、年間約50回・・・ということは700回としても14年くらいは持つ計算!
3日に1回充電した場合、年間約120回・・・700回で計算して5年半以上!
けっこう持ちますね!

700〜900回の充電を繰り返したバッテリーは持ちが悪くなり不便に感じてきます。
そうなったら交換時期ですね!

バッテリーってそんなに高いの?!

バッテリーは正直高いです・・・容量によって違いますが8.9Ahのもので3万半ば。
12Ahになると4万円を超えてきます(> <)

でも!なくては困るもの。しかもかなり長〜く使えるものです。
不便なままではかえってもったいないので快適に乗れるよう時期が来れば交換しましょう!

ちなみにバッテリーには互換性があることも(^^)
本体に付いていた容量と違う容量のバッテリーを取り付けることが可能な場合もあります。
交換時期が来たら、メーカーHPをチェックしてみて下さい。

子どもが成長して重くなってきたきたから容量を増やしたい・・・
最近は近所でしか乗らないから大容量でなくてもいいかも・・・
など、ライフスタイルによってバッテリーをチョイスしてもいいですね。

私の購入したYAMAHA リトルモアは、自転車ネット通販最大手の、 自転車のあさひ が一番安く購入できました!実店舗と同じサービスが受けられますので、購入する前に、一度検索してみることをお勧めします(^^)

ページの一番上へ>      次のページ→電動自転車とは
サイトのTOPページへ