子供乗せ電動自転車の乗り方・使い方

子供乗せ電動自転車の乗り方・使い方

電動自転車の乗り方・使い方について

 こちらのページでは、電動自転車の乗り方・使い方について、
わかりやすくご紹介しております(^^)


 

 電動自転車の乗り方・使い方ですが、普通の自転車とそう変わりません。ただ、電動自転車にはさまざまなオプションパーツがついておりますので、それらを使いこなさなければなりません。といっても、そんなに難しくありません。

 

ハンドルの左手側に、コントローラ(リモコン)がついています。
これを走行前や走行中にボタンを押して調整するわけですが、見ればだいたいなんのことかわかるようになっています。

まずは走行前に【電源ボタン】を押して、電動アシストが作動するようにします。そして、走行するわけですが、【アシスト切替ボタン】を押すことで、アシスト力を(強・標準・オートエコ)に変更することができます。

(強)は坂道、(標準)は平地や軽い坂道、(オートエコ)はアシスト力は弱くなりますが、節電したいときに有効です。

走行中にいろいろとボタンを押してみれば、感覚で「この坂は(強)くらいだな。」とわかるようになってきます。どのボタンを押しても、急に止まったり危険なことになったりはしませんので、いろいろと試してみて、慣れるようにしましょう!

 

ハンドルの右手側には、変速(シフト)がついています。
これは右手でハンドルの根元を握り、グリップを回転させることでシフトチェンジします。

グリップを回転させると、1・2・3という数字が見えます。
この数字はシフトの番号を表していて、1=急な上り坂、2=平地や軽い上り坂、3=平地に使います。

感覚的にいうと、1だとペダルは軽くなりますが、足を回転させる回数が多くなり、3になると、ペダルが少し重くなりますが、足の回転数は少なくて済みます。

 以上のように、電動自転車を乗りこなすには、コントローラ(リモコン)変速(シフト)の使い方を覚える必要があります。

乗っていくうちにだんだんと慣れてきて、手元を見ないでも操作できるようになってきますので、怖がらずにいろいろと試してみて、自分の体に覚えこませていくと、より快適に電動自転車に乗れるようになってきますよ(^^)

私の購入したYAMAHA リトルモアは、自転車ネット通販最大手の、 自転車のあさひ が一番安く購入できました!実店舗と同じサービスが受けられますので、購入する前に、一度検索してみることをお勧めします(^^)

ページの一番上へ>      次のページ→自転車以外に必要なもの
サイトのTOPページへ