子供乗せ電動自転車のバッテリーの寿命

バッテリーの寿命-電動自転車の選び方!

バッテリーの寿命について

 こちらのページでは、バッテリーの寿命について、
わかりやすくご紹介しております(^^)


 

 

 さて、一番気になるのが、電動自転車のバッテリーの寿命ですね。
交換すると、2〜3万円はしますから、どのくらいもつのか知りたいところです。

私の購入したYAMAHA リトルモアの説明書によると、
700〜900サイクル充電と放電を繰り返すと、新品時の容量の半分に低下するとあります。

新品時に100%充電できていたものが、どれだけ充電しても50%程度までしか、蓄電できないようになるということです。私のバッテリーは8.1Ahですから、4Ahほどになってしまうということです。

 さて、私の使用状況ですが、週5回の子供の保育園の送迎と、たまに買い物程度ですが、週に1回の充電をしています。私の場合週に1回充電と放電をするわけですから、700サイクルするためには、700週必要です。

700週は175ヶ月ですので、説明書によると、約14年でバッテリー容量が半分になる計算です。しかし実際に電動自転車のバッテリーが14年ももつのかというとそうではなく、かなり厳しい環境で使用すると、早くて1年、長くても5年で交換といわれています。

バッテリーは消耗品ですから、値段は高いですが、すぐに充電がなくなってしまうようでは、使い物になりませんので、少しでも寿命を延ばす使い方をする方が賢明です。

私の購入したYAMAHA リトルモアは、自転車ネット通販最大手の、 自転車のあさひ が一番安く購入できました!実店舗と同じサービスが受けられますので、購入する前に、一度検索してみることをお勧めします(^^)

ページの一番上へ>      次のページ→
サイトのTOPページへ