電動自転車はスピードが出すぎない?

電動自転車はスピードが出すぎない?

電動自転車はスピードが出すぎない?

 こちらのページでは、電動自転車スピードが出すぎない?について、わかりやすく解説しております(^^)


 

 電動自転車はペダルを漕ぐ力をアシストしてくれるため、「激しく漕げば漕ぐほどスピードが出すぎてしまうのではないか?」と思う人も多いようです。しかし一定以上のスピードを出すと自然と制御がかかるため、その心配はありません。

電動自転車は、時速24キロ以上でアシスト0に!

 「電動自転車はスイスイ乗れるのはいいけれど、スピードは大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、アシスト機能は主にペダルを踏み込む力に応じて調整されます。

たとえば上りの坂道や発進時など、ペダルを強く踏み込めば踏み込むほどアシストも強くなるのです。

つまり電源を入れれば一定のアシストが加わるわけではなく、「今、必要なアシストはどれくらいか」ということを自転車が自動的に判断して調節してくれます。ですから思い切りスピードを出せるほどの漕ぎ方であれば、アシストは特にいらないということです。

一般的にアシスト力は最大で時速10キロまでのスピードで発揮され、それ以上になると徐々に働かないように設定されています。また時速24キロを越えると、アシスト力は0となり、普通の自転車のように足の力だけで漕ぐものがほとんどです。

このように電動自転車は必要以上のスピードは出ないようになっていますので、安心して乗ることができます。

電動自転車で下り坂を走る時は、スピードに注意!

 ただし気をつけたいのが、下り坂を走る時です。下り坂では基本的にペダルを踏み込まないため、電動自転車のアシストも0になりますが、自転車本体が重いためにスピードが出すぎてしまう危険性があります。

ですから下り坂を走る時には十分に注意しましょう!念のために電源を切るのも1つの方法ですし、あまりに急こう配の場合はいったん下りて手で押したほうが安全かもしれません。

また下り坂で何度もブレーキをかけながら走ると、それだけブレーキの消耗も激しくなりますから、下りの多い生活をしている人は定期的にブレーキパッドを交換するなど、こまめにメンテナンスをすることをおすすめします。

ちなみに最近では、下り道などのアシストが要らない時には、自動的に発電してバッテリーに蓄える機能がついた電動自転車も登場しています。

私の購入したYAMAHA リトルモアは、自転車ネット通販最大手の、 自転車のあさひ が一番安く購入できました!実店舗と同じサービスが受けられますので、購入する前に、一度検索してみることをお勧めします(^^)

ページの一番上へ>      次のページ→TOPページヘ
サイトのTOPページへ