子供乗せ付電動自転車と普通の自転車の違い

子供乗せ付電動自転車と普通の自転車の違い

子供乗せ付電動自転車と普通の自転車の違い

 こちらのページでは、子供乗せ付電動自転車普通の自転車の違いについて、わかりやすく解説しております(^^)


 

 子どもを自転車に乗せて走る人なら、電動自転車と普通の自転車のどちらを選ぶかで迷ってしまうかもしれません。価格は当然ながら電動自転車のほうが高いのですが、その便利さを知ると「もっと早くから買えばよかった」と思う人も多いようです。

電動自転車なら、アシスト機能で子どもを乗せても楽々!

 電動自転車の最大のメリットといえば、何といってもアシスト機能です。特に坂の多い街に住むママにとっては、体にかかる負担をぐっと減らすことができます。

また平坦な街に住んでいても、子どもが大きくなればなるほど、発進時にかなりの力が必要になるものです。電動自転車は上り坂のみならず、停止時から漕ぎ出す時にもそのパワーを大いに発揮しますので、走り出しが非常にスムーズになります。

さらに子どもを2人乗せる場合も、やはり電動のほうが圧倒的に楽だといえます。前にも後ろにも子どもを乗せて走るのは大変な負荷が体にかかりますし、ちょっとした体重の移動でぐらついてしまい、転倒するリスクも高くなります。

その点、電動自転車ならアシスト機能でスムーズに走れる上、普通の自転車よりも造りが重厚になっているため、安定感があるのです。

他にも子ども乗せ付きの電動自転車には、乗せ降ろしの際のハンドルロック機能や、子どもの衣服が絡まないドレスガードなど、とことん「子どもに安心な工夫」が色々と凝らされています。

もちろん子どもが大きくなった後、チャイルドシートを取り外せば大人専用の自転車としても使うことができます。

電動自転車は、長い目で見ればコスパもいい!?

  一方、電動自転車のデメリットとしては、まず重量が挙げられます。バッテリーや駆動部に加え、子ども乗せのものではチャイルドシートの重さもあるため、30キロ以上あるものがほとんどです。

ですから万が一、転倒した際に自転車を起こす時や、壊れて自転車屋さんへ持っていく時にやや力が要りますが、通常は不便を感じることは少ないでしょう。

また本体の価格が高めなことと、バッテリーの維持費がかかるのは確かです。充電するための電気代は決して高くありませんが、充電回数が増えるにしたがって走行可能距離が短くなると、バッテリーを交換する必要があります。

ただし通常は数年に1度のことですし、電動自転車にしたことで車や電車を使う機会が減ったという人も多いため、全体的に見ればむしろ節約できるかもしれません。

私の購入したYAMAHA リトルモアは、自転車ネット通販最大手の、 自転車のあさひ が一番安く購入できました!実店舗と同じサービスが受けられますので、購入する前に、一度検索してみることをお勧めします(^^)

ページの一番上へ>      次のページ→TOPページヘ
サイトのTOPページへ